Script is OFF

隠れ家

SOUP STOCK DINING&BAR 羹屋 はな

少し前ですが…野毛を歩いていて、気になっていたお店にふらっと寄ってみました。
羹屋 はな(あつもんやと読みます)というお店です。

atsumonya_8.jpg

野毛は古くからの飲屋街で、大衆的な雰囲気のお店が多いのですが
こちらはすっきり、モダンな外観で他のお店とは違った雰囲気。

atsumonya_7.jpg

店主の女性がひとりで切り盛りしているカウンター席とテーブル2卓のみの
こじんまりとしたお店です。
平日の早い時間、テーブル席に座りました。


atsumonya_1.jpg

つきだしはお吸い物。関西風のあっさりとしたおだしです。
店名にもある羹(あつもの)とは、肉や野菜を汁を多くして煮たもののこと。
その名の通り、おだしの味を楽しめるお料理が多いです。


atsumonya_2.jpg

長芋のステーキ、480円。
小さな鉄のフライパンで焼き立てが運ばれてきました。
焼いた長芋ってホクホクしていてとっても美味しいですね!
とろけるチーズがまた、よく合います。


atsumonya_3.jpg

手羽先2P、480円。
香ばしく焼き上げられたボリューミィな手羽先は焦げ目もまた美味しいです。


atsumonya_4.jpg

お酒の種類が豊富で、フルーティーなものが多いです。
こちらは金柑ウォッカソーダ、700円。
さっぱりとしていてお料理によく合います♪

atsumonya_5.jpg

こちらは旦那さんのフルーツ酢サワー、600円。
体にもよさそうですね。


atsumonya_6.jpg

豚の塩角煮 泡盛風味、680円。
塩の角煮で泡盛風味…どんな味か楽しみにしていました。
塩味なので通常の角煮よりさっぱりとしていて、お肉は柔らかくとろとろ。
ほんのり香る泡盛の風味が、ただのさっぱりではないところ。
お肉もきっと泡盛のおかげでより一層とろとろになっているのでしょうね。


カウンター席にはおひとりさまが次々やってきて、
皆様関西出身の明るい女性店主とのお話を楽しんでいるようでした。
私達も初めてでしたが、猫の話で盛り上がりましたよ!
(店内に猫グッズがたくさん置いてあったので…)

女性がひとりでもふらっと行けるような、居心地の良いお店でした。
日本酒のラインナップがかなり魅力的でしたので、次回はぜひ日本酒をいただきたいと思います!


今週末は野毛大道芸が開催されます。
大道芸を楽しんだ後は、野毛で1杯!いかがでしょうか。



SOUP STOCK DINING&BAR 羹屋 はな

■住所 神奈川県横浜市中区野毛町1-5 港興産ビル 1F
■TEL 045-262-5880
■アクセス 各線桜木町駅 徒歩6分 他


大きな地図で見る

blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

Petitの桜ムース♪

桜木町駅から野毛ちかみちを通り、動物園通りから入った住宅街にある
小さな可愛らしいケーキ屋さん、プチ。

住宅街の中にあり、土地勘がないと少し難しいかも?
道が細いので不安になるかもしれませんが、意外と道は単純です。
近くにはサビ模様の猫ちゃんが2匹、うろうろしていました。

petit_1.jpg

外の立て看板に「桜」の文字。ちょうどムースが食べたかったので
これはチェックしないとー!!

店内は4人位入ったらいっぱいになりそうな、店名どおりのサイズ。
それでもショーケースにはたくさんのケーキが並んでいて、迷っちゃいます♪
今回は買いませんでしたが、パンや焼菓子もありましたよー!


petit_2.jpg

箱には包装紙がかかっていて、リボン結び。
なんだか懐かしくてほっこりします。


petit_3.jpg

チーズケーキ。しっとりで甘さ控えめ。みんなが好きな味ですね!


petit_5.jpg

ムースショコラ。見た目どおりしっかりとビターなチョコレート。
なめらかな大人の味です。ココアパウダーはかなり多めです。


petit_4.jpg

時期限定の桜。ドーム状のゼリーが桜餅のようなお味で
ムース部分はさくらんぼ味、ふわふわで口溶けがよいです。
甘いものや洋菓子が苦手な方にもおすすめです。


地元に愛されるケーキ屋さん、といった感じで手作りの優しさが溢れるケーキたちでした。
この他にもショートケーキや犬の顔モチーフのエクレアなど、
ファミリーに好まれそうなケーキがたくさんありました。

お値段もとってもお手頃で、250円〜350円のものが多かったです。
夜21時まで営業しているので、野毛で飲んだ帰り道でも立ち寄れますかね?!

お店の雰囲気同様、接客も親切でした。
ただ、保冷剤が入っていなかったので長時間の持ち歩きの際は
ちゃんとお願いしたほうが良さそうです。
(場所柄、近所の方が多そうだからつけないのかも…?)

野毛山公園や掃部山公園へお花見へ行く時に買っていけば
女子達に喜ばれそうですので是非来年の参考に…♪

桜木町辺りに来たらまた立ち寄りたいケーキ屋さんです。




関連ランキング:ケーキ | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

blogramで人気ブログを分析

カフエ マメヒコ渋谷

先日、渋谷にあるカフェ、マメヒコへ行ってきました。
セブンイレブンの店内に階段があり、そこを降りていくとあるカフェ・・・
なんてどんなディープなカフェなんだろう。。。
と、ドキドキしつつ向かいます。
(店名は『カフエ マメヒコ』が正式のようです)


道がわかりづらいと評判ですが、東急Bunkamuraからだとわかりやすかったです。
駐車場側の入口はこんな感じです。

mamehico_1.jpg

店内の中央には長いテーブルが。
オーク材を利用したテーブル、7mもあるそうです。
この長テーブルで相席になることが多いようですが、空いていたのでカウンターへ。
すごくディープなお店を想像していましたが、木の温もりが感じられる店内は
照明も柔らかく、落ち着いて過ごせそうな雰囲気です。

mamehico_2.jpg

お冷やのグラスにもロゴが。
カップやソーサーをはじめ、全てのものにロゴが入っています。


mamehico_3.jpg

深煎り珈琲。ポットで店員さんが淹れてくれます。
コーヒー豆にこだわり、札幌でダブル焙煎した豆を10日以内に使い切っているそう。
そのため、種類は少ないですがそれこそ自信の現れですよね。
苦みが強くなく、酸味がないのでブラックで美味しくいただけます!


mamehico_5.jpg

フルーツローズというフレーバーティー。
ストロベリーをベースにマリーゴールド。香りづけにバラの花びら。
注いだ途端、華やかな香りが広がります。


mamehico_4.jpg

マメヒコのレアチーズ。
ふわっふわの甘くないチーズクリームにたっぷりのハチミツ。
底にはごろっと砕いたクッキー生地が。
見た目は小さいのですが結構食べ応えあります!
ハチミツも実はそんなに得意ではないのですが・・・
この色が薄くてさらさらのハチミツはソースのような役割で、いくらでもいけそうでした。


mamehico_6.jpg

檸檬ケーキ。これが食べたくて行きました!
トップはたっぷりの生クリーム。下の黄色い部分が酸味のあるレモンクリーム。
いつもご覧いただいている方はご存じかもしれませんが、
私は生クリームが苦手なのです。
それでもこの口溶けのよい、甘くない生クリームはレモンクリームとの組み合わせが
絶妙で、美味しくいただきました♪

こちらの檸檬ケーキ、瀬戸内の島になるレモンを使っているのですが、
もともとは農家の方が高齢のため落ちて朽ちてしまっているという話を聞き、
そのレモンを取り寄せて作られたメニューなんだそうです。
冬の限定メニューでそろそろ終わりに近づいているようです。
気になる方はお早めに、足を運んでみてください。


檸檬ケーキ以外のメニューも季節によって変わります。
四季がある日本ならではのカフェですね。
新たなメニューとの出会いを楽しみに、また伺いたいと思います!




関連ランキング:カフェ | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅


blogramで人気ブログを分析

【閉店】移転直前、山角のパンたち

以前ご紹介した菊名の住宅街にある隠れ家的パン屋さん、山角
(前回の記事はこちら

2月15日(水)をもって閉店し、山梨県北杜市に移転してしまいます…

閉店まであとわずか。
通販できるけどやっぱりパンは焼きたてを食べたいですよね…
というわけで残りの営業日、行ける限りは買いに行こうと決めまして。
今回は相方さんにお願いして買ってきてもらいました!


バジルとチーズのパン
sankaku2_4.jpg
バジルの香りとプチプチとした食感が楽しいです。
中にはクリームチーズが入っています。
表面の焦げたクリームチーズが香ばしい!



いちじくのベーグル
sankaku2_3.jpg
重みのあるもちもちの生地にいちじくがごろごろ。
クリームチーズに合いそう!


チョコレートとナッツのパン
sankaku2_5.jpg
焼きチョコのようになったチョコレートに大きなマカダミアナッツ。
ナッツの油分でややしっとり。食べ応えあります。


バタートップマロングラッセ
sankaku2_1.jpg
カットすると大きなマロングラッセが入っています!
sankaku2_6.jpg
しっとりとした生地にマロングラッセの甘さが絶妙。
普段マロンものを選ばないのですが、これは本当に美味しかったです。


バターロール?(間違っているかも…)
sankaku2_2.jpg
焼き目がついて香ばしく、ほんのり甘みがあります。
シンプルがいちばんということを再確認…


パンは詳しくないのですが、こちらのパンは素材へのこだわりが感じられて
それぞれの香りや味を噛み締めながらいただけるパンです。
もっと通っておけばよかったなぁ…とつくづく。


閉店までのお休みは7・8日のみで、通常定休日である14・15日も営業だそうです。
本当にわかりづらい場所にありますが、もし機会があれば
移転前にいらっしゃることをおすすめします!


blogramで人気ブログを分析

【閉店】山角のパン

★移転して2012年4月16日山梨県北杜市にオープンしました。


菊名駅と妙蓮寺駅からそれぞれ10分程歩いた住宅地にある
隠れ家的パン屋さん、山角

先日、初めて訪問してきました!

住宅地にひっそりと看板があり、階段を上って網戸から入ると
一般住宅を改装したような、レトロな雰囲気の店内。


選んだのはこちら。

ベーグルとカレーパン

左上から時計回りにチーズベーグル、ドーナツ、カレーパン。

山角

黒糖くるみ食パン。
ビニールには、日にちがたってしまったパンの加熱方法がプリントされています。
焼くのはスタンダードですが、『蒸す』こともできるんですね!
初めて知りました。

黒糖くるみパン


全体的にまわりがパリパリ、中がもっちもちの理想的な食感でした☆
チーズベーグルはチーズのカリカリ感も相まって。
ドーナツはくせになりそうな味。

カレーパンの中身はチキンカレー。
パンに本当によく合うんです。

黒糖くるみは、噛み締めると黒糖のほんのりとした甘みが感じられ
香ばしいくるみがごろごろと…
本当にもちもちでした。


ちなみに道は相当わかりづらいので、妙蓮寺駅からがよさそうです。

他のメニューやテイクアウトのアイスコーヒーも気になるので、
また行きます!!


blogramで人気ブログを分析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。