Script is OFF

銀座・丸の内

ルクセンブルク オーバーバイスのチョコレート

12月18日(火)まで銀座三越地下3階のシェフズステージにて、
ルクセンブルクフェアが行われています。

ルクセンブルクを代表するパティスリー、オーバーバイスのチョコレートが買えます!
人気のトリュフではなくボンボンのみですが…
オーバーバイスは本国での生産にこだわり、ライセンス契約を一切認めておらず
昨年からはサロン・デュ・ショコラへの参加も打ち切ったとのこと。
(取り扱いがなくなってたまらず新宿伊勢丹に電話してしまいましたが…
 参加自体していないとは。。。)
現在はルクセンブルク国内でしか手に入りません。


oberweis_1.jpg

今回は
Himaraya(キルシュ風味のビターチョコレート)
Cannelle(シナモン風味のミルクガナッシュ)
Mocca(コーヒー風味のビターチョコレートガナッシュ)
Nougat-Truffe Lait(ヘーゼルナッツとキャラメル風味のミルクチョコレートガナッシュ)
の4種類です。試食有り。
(大好きなMelusineがなくて残念です…)

3個(1050円)からの販売で、6個(2100円)はオーバーバイスのオレンジのボックスです。
10個入りを買いました。こちらで3500円です。


滅多に手に入らないチョコレートなので、チョコレートお好きな方はぜひチェックしてみてください!


blogramで人気ブログを分析

デルレイのクレーム・ド・ショコラ

サダハルアオキでケーキをたらふく食べた後、銀座へ。
お連れ様の行きたいお店を回ってから伺ったのはデルレイ銀座店。

こちらではクレーム・ド・ショコラというチョコレートのソフトクリームがいただけます♪

土曜日の午後でしたが、先客は1組のみ。
レジで支払いを済ませ、カウンターで待ちます。

delrey_1.jpg

クレーム・ド・ショコラ 480円。
カップにたっぷりのソフトクリームです。

その名の通りまるでクリームをそのまま冷たくしたような、
濃厚でコクのあるソフトクリーム。
生クリームのようなふわっとした食感です。

カカオの香りはしますが、苦みはなくこっくりとした甘さがあります。
細かいチョコレートがアクセントになっていますが、
たっぷりのクリーム…最後のほうは結構ヘヴィでした…


デルレイはお高いイメージでしたが、もっとびっくりするようなお値段のお店が
増えてきましたので…むしろ良心的な気さえしてしまいます。
チョコレートもまたいただいてみたいですね。




関連ランキング:チョコレート | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅


blogramで人気ブログを分析

サダハルアオキでティータイム♪

先週末、素敵なお友達が上京していたので、丸の内のサダハルアオキへご案内♪
土曜日の13時半頃、まだ席に余裕がありました。

aoki2_1.jpg

あれやこれやと選んでいたら…まるでスイーツビュッフェに来たような状態に。。。

お友達が6種類のケーキが日替わりで試せるデギュスタシオン(1550円)を
オーダーしたので、その中にないものを選びました。
ちなみにこの日のデギュスタシオンはヴァランシア、カシスィエ、バンブー、
サヤ、ショコラプララン、チーズケークシトロネ。人気のケーキが揃っていました。


aoki2_2.jpg

私のオーダーはサンマルク(550円)とエクレールマッチャアズキ(420円)。

サンマルクはバニラクリームとチョコレートクリームのシンプルなケーキ。
表面はキャラメル状に焼き上げられています。
以前と味が変わったと思ったら、アプリコット風味のキャラメルになったとのこと。
アプリコットがアクセントになり、味に深みが出ました。

エクレールマッチャアズキは以前のエクレールマッチャより
抹茶の味が濃くなっていました。小豆も美味しいです。


aoki2_3.jpg

紅茶はポムキャラメル(730円)、りんごとキャラメルの紅茶です。
注ぐとキャラメルの甘い香りが漂います。
りんごの爽やかな風味とのバランスがとってもいいのでお気に入りです。


aoki2_4.jpg

焼菓子は丸の内本店限定のパイと、栗のはちみつのマドレーヌをいただきました。
(お値段、正式名称失念しました…)
パイはバターの風味が強く、とっても美味しい!
こういったパイが好みでないというお友達も大絶賛でした。
栗のはちみつのマドレーヌは、はちみつの香りがふわっと漂います。
表面がカリッとしていて中がしっとりの理想的なマドレーヌ。
素材の良さが感じられます。


aoki2_5.jpg

そして今だけパリ直輸入のマカロンがいただけます!(1個250円)
シトロン、カシス、キャラメル、ショコラをチョイスしました。
日本で作られたマカロンとは大きさ・厚みともに見た目から違うのがわかります。

シトロンは本場らしいしっかり酸味があるクリーム。
カシスは香りが強く、甘みと酸味のバランスがよくとっても美味しい!!
キャラメルは日本版より少し甘め、ペーストのようなキャラメルでした。
ショコラも日本版より甘く感じました。チョコレート自体は美味しいです。

この中ではカシスが一番でした。
今までのものとは生地の美味しさが全然違うので、他の種類も食べてみたいです。

ヴィエノワズリーも今はパリ直輸入のものでエシレバターの美味しさが
存分に味わえるそうです…(今回はいただいていません。。。)


サロンでは秋のデセール、ガトーマロンペッシュヴェーニュという
栗と赤桃のデセールが14時からの限定メニューで登場しています。
気になる方はお早目にどうぞ☆




関連ランキング:ケーキ | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅


blogramで人気ブログを分析

BAR HIGH FIVE

少し前ですが、GWのこと。

東京へ遊びに来ていた友人と銀座で会うことになり、
食事の後彼女が行きたがっていたオーセンティックなバーへ行くことに。
しかし、GWはやっぱり…お休みだったのです。
(HPをチェックしましたが、お休みとは書いていなかったんですよね…)

もともとお酒は飲むもののバーはほとんど行かない私。
銀座を飲み歩いていた頃のかすかな記憶を頼りに探しますが…
そもそもオーセンティックなバーなんてほとんど行ったことがなく。
夜の銀座をうろうろ。

GWはさすがにお客さんが少ないようで、バーの店員さんが結構街角に立っていて
その中のひとりの男性といきさつを話していると、
やっぱりGWは休みのお店が多く、難しい日に来てしまいましたねと…

少しアドバイスをもらい、とぼとぼ歩き出すとその男性が後を追ってきてくれて
開いていそうなお店を思い出したからとその場所まで案内してくれることに。

結構な距離でしたが最初に行ったお店はやはりクローズ。。。
もう1軒…どうやら営業しているようなのでエレベーターでお店の前まで。
その男性が中を確認して、OKサイン!!
男性にお礼を言って、ドアを開けました。


するとなんだか微妙な雰囲気…
何かまずかったかな?と思いつつカウンターへ。
女性バーテンダーが店主らしき方に「大丈夫ですか?」などと確認していて…
あれ…??と思いながら着席。

温かいおしぼりをいただいてほっとすると、
「今日は営業していないんです。」
私達、「えっっっ!!!!」

実はこの日、ミッドタウンでTokyoインターナショナルバーショーという
アジア圏初のバーショーが開催されていて、こちらの店主も出場しており
来場した海外からのお客さんが来店してしまうのでお店を開けているとのこと。

「なので、今日は営業していないので伝票を切れません。
 美味しかったらチップを置いていっていただければ結構です」

なんて粋な計らいなのでしょう…


まずは1杯目、モスコミュール。

highfive_1.jpg

こちらのモスコミュールは生姜を漬け込んだウォッカを使用。
ジンジャーエールではなくジンジャービアで作られています。
ライムは好みで絞りながら飲みます。透明な氷がきれい。

金属のカップのひんやりした感触と、辛口で爽快な飲み口。
生姜の風味がしっかりしています。お酒も強くなく飲みやすい。


highfive_3.jpg

友人がフルーティーなカクテルが好きだと言うと、生のフルーツを使ったカクテルを
お勧めされたので私も便乗して、金柑のカクテルを。
とろりとしたスムージーのようなカクテルは、金柑そのもののようなフレッシュさ。

友人はざくろとアップルブランデーのカクテルをオーダー。
アルコール強めと言われていたのに案の定…
見かねて半分位になってから交換しましたが、氷を入れたり炭酸で割ったりできるから
おっしゃってくださいね!と。
カクテルってそういうふうに楽しめばいいんですよね、うんうん。

タイミングよく出されるおつまみをいただきながら、いつもより大人な夜。
店内は次から次へと外国人のお客さんがやってきていました。
どうやらこちらの店主、元々私達が行こうとしていたバーにいた方で
海外でも日本のガイドブックに掲載されているようなバーだったようで。


偶然の出会いに感謝しつつ、お店を後に。
今度はちゃんと営業日に伺います!

highfive_2.jpg

BAR HIGH FIVE


この日からバーの魅力に目覚め、横浜はバー発祥の地ですし横浜のバーにも
いろいろ行ってみたいなぁと思っています。
近々、このブログでもご紹介する日が来そうですね♪

こちらに案内してくれた男性のバーにも、お礼に行かなきゃなぁ…


blogramで人気ブログを分析

ジョエルデュランのリエジョア

バレンタインの時にこちらのチョコレートを購入したところ、
カフェの招待券をいただいたので行ってきました!
ジョエルデュラン銀座本店】の、世界初となるジョエルデュランカフェ。

銀座には数々の有名ショコラティエが出店しています。
こちらジョエルデュラン銀座本店は、西五番街通りに面していて
チョコレートパフェの行列が有名なピエールマルコリーニの並びにあります。
1Fがブティック、2Fがカフェになっています。

チョコレートのお店というとシックなダークカラーのイメージですが
こちらはプロヴァンスのイメージを取り入れた明るい雰囲気。
平日の夕方、少し早めの時間でしたので席はゆとりがありました。

joeldurand_1.jpg

招待券でいただけるパフェ、リエジョアと別にジャスミンティーをオーダー。
リエジョアはダークチョコレートとシーズンスペシャルの2種類。
シーズンスペシャルはオレンジです。
リエジョアは1種類ずつオーダーしました。


joeldurand_2.jpg joeldurand_3.jpg

ジャスミンティーにはJのボンボンショコラがついてきます。
ボンボンショコラはアルファベットの26種類があります。
Jはジャスミンティー。ミルクチョコレートのガナッシュにジャスミンの香り。
全てシンプルな正方形のボンボンショコラで、まわりのクーベルチュール
(コーティングに用いられるチョコレート)は同じビターです。
このクーベルチュールが美味しくて、それぞれのフレーバーの香りが引き立ちます。


いよいよ…リエジョアの登場!
ビターチョコレートのリエジョア。Aのボンボンショコラがのっています。

joeldurand_4.jpg

Aはシンプルなビターチョコレートガナッシュ。
アイスが冷たいからか、本来のなめらかさは感じられませんでしたが…

クリームやチョコレートアイスは甘さ控えめ。
最初のクリームの層の下にはコーヒーソースが!
大人パフェという紹介に納得のお味です。


シーズンスペシャル、オレンジのリエジョア。Oのボンボンショコラがのっています。

joeldurand_5.jpg

Oはオレンジのビターチョコレートガナッシュ。
柑橘類のスイーツは苦手ですが、こちらはフレッシュな香りがして美味しいです!
アイスも少しオレンジ風味で、パフェの他の構造はビターと一緒でした。

いちばん下にプラリネの層があるので食べ進むとだんだん甘くなっていき、
見た目よりヘビーな印象が残りました…
なので、プラリネを早めに食べ始めてしまったほうがよさそうです。


リエジョアは通常1,680円。お隣のピエールマルコリーニと同じお値段です。
ドリンクも軒並み1,000円前後でした。
ただ、ボンボンショコラ1粒を400円で売っているお店なので、
それを考えるとカフェはお得な気もしないでもないかなぁと。

口コミを見ると色々な意見があるようですが…
コーヒーの苦みとビターチョコレートの組み合わせはなかなか素晴らしく、
今までありそうでなかったので、私は好きです。
お店のオペレーションに関しても、特に問題は感じませんでした。


ボンボンショコラをはじめ、かなり強気な値段設定ですが確かに美味しいと
思うんですよね。
塩キャラメルのボンボンショコラはバレンタイン時期に買ったものの中でも、
結構上位だったなぁと思います。
あと、スタッフの方がおすすめしてくださったNのヘーゼルナッツのボンボンショコラが
とーっても美味しかったです。普段自分で選ばないから尚更。
素材にはかなりこだわっていることがうかがえます。

しかし、コンフィチュールとかはちょっと高すぎて手が出ないのも事実。
またじっくり吟味して、他のものも色々試してみたいと思います!




関連ランキング:チョコレート | 銀座駅東銀座駅有楽町駅


blogramで人気ブログを分析