Script is OFF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogramで人気ブログを分析

日米桜寄贈100周年「エリザ・シドモア」写真展

みなとみらいにあるランドマークプラザの1階にて開催中の
日米桜寄贈100周年「エリザ・シドモア」写真展
通りすがりに見つけて、つい足を止めてしまいました。

100years_1.jpg


ワシントンD.C.の桜並木が日本から送られたもの、というのは有名な話ですが
その日米桜寄贈事業に尽力した女性ジャーナリストの存在は、
あまり知られていないのではないでしょうか。

100years_2.jpg 100years_3.jpg

その女性ジャーナリストの名はエリザ・シドモア。
世界を旅しながら、ナショナルジオグラフィック誌に寄稿していた彼女は
27歳の時に初来日。
日本の美しさ、特に桜の美しさに魅了され、約25年もの時間をかけて
日米桜寄贈事業を実現に導いた女性。
彼女の尽力により、今から100年前の1912年3月に3000本の桜が
ワシントンD.C.へ到着しました。


100years_4.jpg

そんなエリザ・シドモアが撮影したおよそ100年前の写真27点が展示されています。

100years_6.jpg

100years_5.jpg

日本の美しい時代を映す貴重な写真たち。


100years_7.jpg

1928年に72歳で亡くなった彼女は、横浜の外国人墓地で永眠しています。
その傍らには、1991年にワシントンD.C.から里帰りした桜の樹が植えられているそう。
彼女は横浜にも身近な存在なのです。


4月8日(日)まで開催中ですので、この週末みなとみらいへお花見におでかけの際は
こちらの写真展もぜひチェックしてみてください。

sakuragicho_1.jpg

この週末にはみなとみらいの桜も見頃になっているはず!


関連記事
blogramで人気ブログを分析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。