Script is OFF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogramで人気ブログを分析

BAR HIGH FIVE

少し前ですが、GWのこと。

東京へ遊びに来ていた友人と銀座で会うことになり、
食事の後彼女が行きたがっていたオーセンティックなバーへ行くことに。
しかし、GWはやっぱり…お休みだったのです。
(HPをチェックしましたが、お休みとは書いていなかったんですよね…)

もともとお酒は飲むもののバーはほとんど行かない私。
銀座を飲み歩いていた頃のかすかな記憶を頼りに探しますが…
そもそもオーセンティックなバーなんてほとんど行ったことがなく。
夜の銀座をうろうろ。

GWはさすがにお客さんが少ないようで、バーの店員さんが結構街角に立っていて
その中のひとりの男性といきさつを話していると、
やっぱりGWは休みのお店が多く、難しい日に来てしまいましたねと…

少しアドバイスをもらい、とぼとぼ歩き出すとその男性が後を追ってきてくれて
開いていそうなお店を思い出したからとその場所まで案内してくれることに。

結構な距離でしたが最初に行ったお店はやはりクローズ。。。
もう1軒…どうやら営業しているようなのでエレベーターでお店の前まで。
その男性が中を確認して、OKサイン!!
男性にお礼を言って、ドアを開けました。


するとなんだか微妙な雰囲気…
何かまずかったかな?と思いつつカウンターへ。
女性バーテンダーが店主らしき方に「大丈夫ですか?」などと確認していて…
あれ…??と思いながら着席。

温かいおしぼりをいただいてほっとすると、
「今日は営業していないんです。」
私達、「えっっっ!!!!」

実はこの日、ミッドタウンでTokyoインターナショナルバーショーという
アジア圏初のバーショーが開催されていて、こちらの店主も出場しており
来場した海外からのお客さんが来店してしまうのでお店を開けているとのこと。

「なので、今日は営業していないので伝票を切れません。
 美味しかったらチップを置いていっていただければ結構です」

なんて粋な計らいなのでしょう…


まずは1杯目、モスコミュール。

highfive_1.jpg

こちらのモスコミュールは生姜を漬け込んだウォッカを使用。
ジンジャーエールではなくジンジャービアで作られています。
ライムは好みで絞りながら飲みます。透明な氷がきれい。

金属のカップのひんやりした感触と、辛口で爽快な飲み口。
生姜の風味がしっかりしています。お酒も強くなく飲みやすい。


highfive_3.jpg

友人がフルーティーなカクテルが好きだと言うと、生のフルーツを使ったカクテルを
お勧めされたので私も便乗して、金柑のカクテルを。
とろりとしたスムージーのようなカクテルは、金柑そのもののようなフレッシュさ。

友人はざくろとアップルブランデーのカクテルをオーダー。
アルコール強めと言われていたのに案の定…
見かねて半分位になってから交換しましたが、氷を入れたり炭酸で割ったりできるから
おっしゃってくださいね!と。
カクテルってそういうふうに楽しめばいいんですよね、うんうん。

タイミングよく出されるおつまみをいただきながら、いつもより大人な夜。
店内は次から次へと外国人のお客さんがやってきていました。
どうやらこちらの店主、元々私達が行こうとしていたバーにいた方で
海外でも日本のガイドブックに掲載されているようなバーだったようで。


偶然の出会いに感謝しつつ、お店を後に。
今度はちゃんと営業日に伺います!

highfive_2.jpg

BAR HIGH FIVE


この日からバーの魅力に目覚め、横浜はバー発祥の地ですし横浜のバーにも
いろいろ行ってみたいなぁと思っています。
近々、このブログでもご紹介する日が来そうですね♪

こちらに案内してくれた男性のバーにも、お礼に行かなきゃなぁ…


関連記事
blogramで人気ブログを分析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。