Script is OFF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogramで人気ブログを分析

期間限定!中華街でいただく140年前のカレー

中華街にあるローズホテル横浜1階、ブラスリー ミリー ラ・フォーレにて
明治5年のレシピを再現したカレーが期間限定で食べられると聞き、
先日行ってきました!

millylf_1.jpg

広々とした店内。イエローの天井が印象的です。
中華街にありながら、ホテルのレストランなので落ち着いた雰囲気。
ランチには遅い時間だったので、のんびりお茶をしているお客さんがほとんどでした。


元々は横浜開港資料館との連携企画で、明治5年に発行された
「西洋料理通」と「西洋料理指南」に掲載されたレシピを参考に、
ローズホテル横浜 小林誠一総料理長が再現したカレー3種が
展示に合わせて5月31日まで提供される予定でしたが、好評のため
8月31日まで期間延長されました。

140年前のカレーはこちらの3種類。

明治5年のマトンカレー
〜長ねぎの甘さとマトンが香るまろやかなカレー〜
レシピ:長葱(薄切り)・バター・小麦粉・カレー粉・チキンコンソメ・羊肉・塩

明治5年の牛カレー
〜牛肉の味わいと林檎の甘さが調和した優しいカレー〜 ☆お子様にもおススメ
レシピ:林檎(みじん切り)・長葱(みじん切り)・バター・小麦粉・カレー粉
・チキンコンソメ・牛肉・塩

明治5年の蛙と海鮮カレー
〜香辛料のカレー粉がピリッと効いた、ヘルシーな蛙と海鮮カレー〜
レシピ:生姜(みじん切り)・大蒜(みじん切り)・長葱(みじん切り)・バター
・小麦粉・カレー粉・ジュドサンジャック・鶏肉・蛙足・小海老・真鯛・塩

コーヒーまたは紅茶がついて各1400円(税・サービス料込み)です。


millylf_2.jpg

珍しいものは試したくなる私がオーダーしたのはもちろん、蛙と海鮮カレー。
揚げ玉ねぎ、いり卵、チャツネがトッピングについてきました。

少しとろみのあるルウは薄めの味つけ。
「ピリッと」とありますが香りづけ程度でしょうか、そんなに辛さはなかったです。
大きめの海鮮も淡白な味なので、ごはんがなかなか進みません…
(トッピングがあってよかった…)
初体験の蛙は、噂通り鶏肉に似た食感。
見た目がちょっと筋っぽいのと、食べた時も独特の弾力があるので
一緒に入っている鶏肉と食べ比べると違いがよくわかります。


millylf_3.jpg

こちらはマトンカレー。お肉がごろごろ入っています。

どちらも140年前のレシピだからか味は薄く感じましたが、
歴史を感じながらいただくカレーはいつもと違った気分で楽しめます。


millylf_4.jpg

食後の紅茶。なかなか美味しかったです。


サービスはホテルといえども中華街なのでそれらしい接客です。
特に困ったこともなく過ごせたので気になりませんでしたが。

こちらはケーキも販売していてなかなか美味しそうでした。
機会があったらケーキも食べてみたいです。




関連ランキング:カフェ | 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅



関連記事
blogramで人気ブログを分析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。