Script is OFF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogramで人気ブログを分析

【番外編】博多のチョコのはじまり処 CHOCOLATE SHOP

博多のお店をいろいろ調べていると、チョコレートショップというお店を発見しました。
しかも、1942年創業の歴史があるお店。
チョコレート好きとしては行ってみないと!ということで、今回の滞在中に行ってきました。

chocolateshop_1.jpg

日曜日の閉店間際でしたが、お店の前の駐車場は満車状態。
テイクアウトのみですが広い店内に、たくさんのお客さんがいました。

店内はその名の通り、チョコレートを使ったお菓子がずらりと並んでいます!
目移りしながら…お目当てのケーキを選びました。
ケーキもさすが、チョコレートケーキの種類が豊富です。
ホテルへ持ち帰っていただきました。


博多の石畳 420円
chocolateshop_2.jpg

いちばん人気のケーキ。
見た目は重そうですが、中は生クリームやスポンジが入っているので
チョコレートケーキ特有の濃厚さやほろ苦さはほとんど感じません。
甘さは程よく、ふんわりと柔らかな食感。幅広い年代に好まれそうなお味です。


チョコレートショップ 399円
chocolateshop_3.jpg

店名を冠したこちらは、正統派チョコレートケーキ。
チョコレートスポンジでチョコレートクリームをサンドして、
ダークチェリーがアクセントに入っています。
ラム酒の香りがする、博多の石畳より大人っぽいお味。しっとりとした食感です。


アニバーサリー 399円
chocolateshop_4.jpg

鮮やかな色のこちらも、れっきとしたチョコレートケーキ。
ベリー系の味がしそうですが、こっくりとしたミルクチョコレートのムースです。
中にはブリュレとロシェというこちらのお店で人気のさくさくとしたチョコレートがごろっと。
個人的にはちょっと甘いかな?と感じますが、ミルクチョコレートお好きな方は
きっと大好きな味だと思います♪


やっぱりチョコレートも欲しくなったので、おみやげに購入。

chocolateshop_5.jpg

箱の中には、お店の歴史とこだわりを感じるカードが入っていました。

chocolateshop_6.jpg

石畳トリュフ(6個入) 997円
chocolateshop_7.jpg

博多の石畳という生チョコが有名ですが、持ち帰りを考慮してトリュフにしました。
ビターチョコレートでコーティングされたガナッシュに、ココアパウダー。
コーティングのチョコレートはかなり薄く、パリッとした食感。
中のガナッシュは苦みが少なく、マイルドな甘さを感じます。
その口溶けの滑らかさにうっとりするトリュフです。


創業から70年の時を経てもなお愛されるお店、チョコレートショップ。
博多を訪れたら立ち寄りたいお店がまたひとつ増えました!



チョコレートショップ 本店

■住所 福岡県福岡市博多区綱場町3-17
■TEL 092-281-1826(代表)
■アクセス 地下鉄箱崎線呉服町駅 徒歩3分 他


大きな地図で見る


関連記事
blogramで人気ブログを分析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。