Script is OFF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogramで人気ブログを分析

【番外編】博多うどんの老舗、かろのうろん

博多旅行最終日のランチは、こちらへ行きました。

karono_1.jpg

明治15年創業の博多うどんの老舗、かろのうろんです!
以前ご紹介した櫛田神社の近くにあります。
連休最終日の正午前、お店の前には既に行列ができていました。

karono_2.jpg

なんとも不思議な店名ですが…
生粋の博多弁は「だ」行を「ら」行で発音するため
「角のうどん」→「かろのうろん」となるそうです。
しかしこの文章は解読不可能…です。

karono_3.jpg

入口脇にはサンプルがあります。
お客さんの回転が早いのか、列はどんどん進みました。

それもそのはず。
店内はかなりこじんまりとしていて、基本的に相席です。
うどんの提供スピードがとっても早いので、皆さんさくっと食べて帰る方がほとんどでした。
そして慣れた店員さんたちが元気にテキパキと、次から次へとお客さんを通していきます。


いなりずし 240円
karono_4.jpg

おいなりさん好きな旦那さんがオーダー。やや小ぶりで食べやすいサイズです。
甘くてじゅわっとしたお揚げが美味しいですねぇ。
博多のうどん屋さんにはいなり寿司とかしわ飯を置いていることが多いので
うどんだけでは物足りない方にはそちらもセットでオーダーするとよさそうです。


ごぼう天うどん 500円
karono_5.jpg

基本に忠実に、ごぼう天うどんをオーダーしました。
コシがあり、ややぬめりを感じるもちもちとした麺。ただの柔らかいおうどんではありません!
つゆは北海道産羅臼昆布といりこ、かつおぶしでだしをとっているそうです。
薄味でほんのり甘みを感じる、奥深い味わい。なんだかほっとする優しいお味です。


肉うどん 750円
karono_6.jpg

旦那さんはがっつり肉うどん!
こちらはお肉が甘めの味つけなので、若干つゆが甘くなっています。
ごぼう天うどんと比べると少しだけこってり。しかしそれでも十分薄味です。
柔らかいお肉がうどんとよく合いますねぇ。


どこか懐かしくほっこりする博多うどん。
博多へ行ったらまたあの優しい味を求めて、立ち寄りたいと思います。



かろのうろん

■住所 福岡県福岡市博多区上川端町2-1
■TEL 092-291-6465 
■アクセス 地下鉄空港線中洲川端駅 徒歩7分 他


大きな地図で見る


blogramで人気ブログを分析


祇園駅から向かう途中、櫛田神社の前を通りました。

kushida2_1.jpg

大きな銀杏の樹がきれいに色づいていました。

kushida2_2.jpg

こちらは穏やかな中州の昼の風景。夜はガラリと表情が変わります。

nakasu_1.jpg


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。