Script is OFF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogramで人気ブログを分析

【番外編】Pâttiserie Jacques

博多2日目の朝。

朝食代わりにどうしても行きたかったパティスリージャックへ。
博多駅から地下鉄空港線で15分程、赤坂駅の3番出口を出るとすぐにお店があります。

ジャック5


10時半過ぎに到着。
日曜だったので心配でしたが、店内は先客1組がテイクアウトで帰るところでした。

blogramで人気ブログを分析
ショーケースに並んだ美しいケーキの数々…
ひとつに絞れないので、2個いっちゃいます!


ジャック1

手前が店名を冠するジャック。
奥がサン・ミッシェル。

ジャック2

ジャックはキャラメルと洋梨のムース。
口溶けがよく、甘さ控えめ。とても優しい味です。


サン・ミッシェルはヴァローナ社のカライブというビターチョコレートを使用しています。
ヴァローナ大好きで使用しているとついつい選んでしまうのですが…
味を活かしきれていないものが多いのも事実。

しかしこちらはそのものの味がして感動しました!
サイドの下部にはカカオニブ?香ばしいアクセントになっています。

スポンジとムースが層になっているシンプルなビターチョコレート味。
幸せに浸れます…♪


ジャック3

ドリンクはメニューには載っていないというレモンミントのハーブティー。
朝の気分にぴったりです。
シルバーのポットでたっぷり提供されます。
他にもお茶の種類がたくさんありました。


ジャック6

テイクアウトしたマカロンは帰りの新幹線でいただきました。
シトロンとショコラ。
生地自体は薄めですがむっちりしていて美味しい。

シトロンのクリームは酸味がないバタークリーム。
個人的にはもっと酸味あるほうが好みかも。

ショコラはケーキと同じく納得のお味。
チョコレートクリームの中心にチョコレートのかけらが入っているのが楽しい。


ジャック4

こちらのパティスリージャックのシェフ、大塚良成さんはルレ・デセールという
フランスのパティシエ協会の、日本人では5人しかいない会員のひとり。
そのうちの4人は東京にお店があるので…これでやっと5店制覇です!!

(ご興味ある方のために…あとの4店はイデミ・スギノエーグルドゥース
 オリジンーヌ・カカオパティスリー・サダハル・アオキ・パリの4店です)


お店は明るく落ち着いた雰囲気。
スタッフの皆様の接客も素晴らしいです。発声から違います。

次回博多に来る際は連日通って色々な種類のケーキを制覇したいと心から思いました…
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。